Paul Bocuse

Paul Bocuse, l'homme qui sortit les chefs de leurs cuisines pour en faire des artistes, fut nommé "Chef du Siècle" par G&M. ポール・ボキューズ、シェフへ厨房の外の世界を示し、芸術家へと導いた人 ゴ・エ・ミヨは彼を”シェフ・デュ・シエークル(世紀の料理人)”と名づけた

Paul Bocuse

(1926-2018)

"Cuisinier du siècle"

Si Johnny Hallyday a été pendant cinquante ans la bande-son des Français, Paul Bocuse en était le livre de cuisine, emblème des élites de la gastronomie autant que porte-drapeau bleu blanc rouge et populaire de la fierté nationale.

Paul Bocuse, depuis des décennies et désormais pour l’éternité, incarne ce qu’il y a de plus beau et de plus fidèle dans la transmission d’une culture, d’un savoir-faire, d’une excellence, de cette fameuse exception à la française qui s’appliquait si bien à sa cuisine et à sa maison de Collonges-au-Mont d’Or.

Son aura planétaire est due au moins autant à son talent de cuisinier qu’à sa force médiatique. Celui qui a sorti les chefs de leur cuisine, qui a mis des images sur des noms, qui a initié et représenté le passage de l’artisan à l’artiste a permis aux cinq continents d’avoir à leur tour leurs vedettes de fourneaux.

Combien de grands chefs comme de modestes aubergistes ont raconté leur expérience chez Paul Bocuse comme le plus beau moment de leur vie gastronomique !

Chez Gault&Millau nous avons tous le souvenir récent de ce moment magique d’un Gault&Millau Tour chez lui, où son apparition avait soulevé un frisson général et une standing ovation.

Nous l’avions consacré « Pape de la Cuisine » et Cuisinier du siècle en 1989.

Chez Paul Bocuse, tout était à la fois simple et grand.

Seigneur il a été, seigneur il restera.


ーCômde Chérisey    

    Directeur Gault & Millau international




ジョニー・アリデイが、50年もの間フランス人のサウンドトラックであったとしたならば、ポール・ボキューズはフランス人の料理本である。ガストロノミーのエリートの象徴であるとともに、フランス三色旗の旗手、そしてフランス人としての誇りを表す人気者でもあった。


ポール・ボキューズは、今までの何十年間がそうであったように、この先永遠に生まれ変わり続けるのだろう。なぜなら彼が大切にし、そして何よりも誇りに思っていた、文化、職人的な技術、素晴らしさとはなにか、そしてずば抜けた輝かしさを持つフランス流というものの継承は、彼の料理に、またコローニュ・オ・モンドールの彼のメゾンに非常に良く表れているのだから。


彼が世界的にもたらした影響は、少なからず彼の料理人としての才能だけでなく、メディアにおいての力によるものでもある。彼がシェフを厨房から外に出し、シェフたちの名前にイメージを持たせ、また料理人を職人から芸術家へとする道を切り開き、示したことは全世界にスターとなる料理人を生み出すこととなった。


どれだけ多くのシェフが、そしてひかえめなオーベルジュのオーナーが、ポール・ボキューズでの経験が彼らのガストロノミー人生の中で最も素晴らしかったと語っていることだろう!


ゴ・エ・ミヨでは、私たちチーム全てが覚えている素晴らしい記憶がある。それは、彼のメゾンで行ったゴ・エ・ミヨツアーである。彼の登場に私たちは皆身震いし、スタンディングオベーションがおこった。

ゴ・エ・ミヨは、1989年に彼へ”料理界の法王”、そして”世紀の料理人”という呼び名を捧げた。

ポール・ボキューズでは、すべてがシンプルで、そして卓越していた。

偉大なる彼は存在した。そして、また生き続けるであろう。


ーコーム・ドゥ・シェリゼ

 ゴ・エ・ミヨインターナショナル社長