バルボシェフ×岸田シェフ、コラボイベント

今回の『ゴ・エ・ミヨ 東京・北陸・瀬戸内 2018』イエローガイドの発刊と、12月4日におこなわれたガラパーティーを記念して、ガラの前日12月3日にイベントを行いました。


ゲストは、2005年にフランス版で栄誉ある「今年のシェフ賞」を受賞されたパスカル・バルボ(Pascal Barbot)シェフ。そしてパリ16区にあるバルボシェフのレストラン、Astrance (アストランス)にてスーシェフを務めていらっしゃった、Quintessence(カンテサンス)の岸田周三シェフです。

どちらのレストランも、ゴ・エ・ミヨにおいて最高評価5トック…!

まさにフランスと日本を代表するシェフの夢のようなコラボレーションが実現いたしました。


今回のイベントのために、バルボシェフ、岸田シェフの間では入念なメニューの打ち合わせがだいぶ前から行われていたそうです。

もちろんバルボシェフもフランスでしかそろわない材料・道具をもってきてくださったりと、まさにこのお二人でしか実現し得なかったコラボレーションです。


また、今回のイベントにはMoet Hennessy Diageo様よりシャンパンの提供をいただきました。銘柄は、まさに最高の料理にふさわしいDom Perignon Vintage 2009とDom Perignon P2 2000です。

他にも選び抜かれた5種類のワインとともに、皆様にお食事を楽しんでいただきました。


ランチ、ディナーと2つの時間帯にわけてお楽しみいただいたイベントには、抽選によって選ばせていただいた計64名のゲストの方にご参加いただきました。

1日しかないイベントだったために、多くの皆さまからご応募いただいたものの全ての方にいらしていただくことができず申し訳ございませんでした。


皆さま、もちろん食に通じた方ばかりでしたが、カンテサンスに入ってこられた瞬間から興奮していらっしゃり、今回の二人のシェフへの期待、どんな料理を楽しめるのかというワクワクの表情に、今回のイベントの特別さをさらに強く感じました。


イベントの写真に関しては、ゴ・エ・ミヨのFacebookページに載せていく予定です。

ぜひこちらも併せてご覧ください。

Facebook : https://www.facebook.com/gaultmillaujapan/

Instagram:https://www.instagram.com/gaultmillau_japan/


今回のようなイベントを今後も続けていきたいと考えております。その際はぜひ皆様のご参加・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。