【NEWS】10ヶ月限定 COOK JAPAN PROJECT 始動

テーマは”シェフたちが日本を発見し、日本がシェフを発見する”。

2019年4月から2020年1月までの10ヶ月間、世界の予約困難レストランからスターシェフ約30名が東京・日本橋で、日本の旬の素材を活かしたスペシャルメニューを提供する「COOK JAPAN PROJECT」が開催される。


有名シェフから期待の新星まで、各国のスターシェフたちが、「日本」をテーマに、日本の食材を用いて創り上げる”デグスタシオン・メニュー”を展開する、注目のレストラン・プロジェクトだ。

トップを務めるのは、「Alléno Paris au Pavillon Ledoyen(アレノ・パリ・パヴィヨン・ルドワイヤン)」(ゴ・エ・ミヨ19点、5トック)や「Le 1947 au Cheval Blanc(ル・1947 オー・シュヴァル・ブラン)」(ゴ・エ・ミヨ19.5点、5トック)をはじめ、世界5か国で16店ものレストランを手がけるフランスの有名スターシェフ、ヤニック・アレノシェフ。

フランス料理の真髄ともいえる「ソース」を大切にする、というアレノシェフ。
特許製法である「エクストラクション」という技法を用いたソースやスープで、日本の旬の食材の魅力を引き出す。

4月5日(金)に開催されたオープニング・レセプションでは、主催者である株式会社グラナダの代表取締役・下山雄司氏と、ヤニック・アレノシェフ、カルメ・ルスカイェーダシェフが登壇。
下山代表は,「日本各地の食材を用いることで、料理を通して”日本を発見”することを目指す」と本プロジェクトへの抱負を語った。約10ヶ月にわたる長期開催ということで、四季を通した日本の食材を味わえるのも魅力だ。

会場となるのは、この4月に平河町へ移転した「サンパウ」の跡地であるコレド日本橋アネックス。
カルメシェフは、10年以上にわたりこの地で「サンパウ」を担ってきた思い出を振り返りつつ、新たなプロジェクトへの期待を明らかにした。

■COOK JAPAN PROJECT■
開催期間:2019年4月5日(金)~2020年1月末  ※シェフにより営業日数・時間帯は異なります。
開催会場:東京都中央区日本橋1-6-1 COREDO日本橋ANNEX
客席数: 40席
価格:  25,000円~/人 ※シェフによってコース料金や内容は変動します。
予約方法:公式HP(https://cookjapanproject.com/)または電話(03-6821-5689 平日10時~19時)にて。