食べる

【NEWS】ENEKO Karuizawa オープン

4/25/~8/30の期間限定で軽井沢にENEKOがやってくる。

スペイン・バスク地方はビルバオのレストラン「アスルメンディ」のシェフ、エネコ・アチャ・アスルメンディ氏が監修を務める「ENEKO」。ロンドン、東京に続き、今度は軽井沢で8月までの期間限定レストランが開かれる。


「テロワール&サスティナビリティ」というテーマのもと目指すのは、体験型のレストランであると同時に、地域の環境・風土と共存しながら新たな食の可能性を探る、ラボのようなレストランだ。


豆や山菜、木の芽など、古くから続く農作物もある一方で、土づくりからこだわった製法で野菜を作る生産者もいる信濃地方。

アスルメンディシェフはこの地のテロワールを存分に活かし、サスティナブルなレストランの実践に挑む。



信濃のテロワールを通じて
”サスティナブル” なレストランの実践を目指す、アスルメンディシェフ。



メインダイニングの壁は左官アーティスト、久住有生氏が手がけている。



■エネコ軽井澤■
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢雲場2200
☎0570-08-4122

■開催期間■4月25日(木)~8月30日(金)

■営業時間■ランチ 11:30~14:00 (L.O.) ディナー 17:30~20:00 (L.O.)

■定休日■  火曜日 ※土日祝は要問い合せ

■席数■  22席/個室有り ペットはテラス席同伴可 ※雨天時除く

■価格■  ランチ 5,000円 ディナー 9,500円(税サ別)