食べる

【NEWS】志摩観光ホテル総料理長 樋口宏江シェフ 監修 ~季節のお菓子~「おついたち」

三重県を中心に収穫される旬の素材をテーマに、毎月第1日曜日限定販売のスイーツ!

三重県・伊勢志摩では、月の初めに伊勢神宮へお参りし、ひと月無事に過ごせたことを感謝し、新しい月の無事を祈る「朔日参り(ついたちまいり)」という風習がある。

この風習にインスピレーションを得て、志摩観光ホテル「ラ・メール ザ・クラシック」料理長・樋口宏江シェフが三重の里山で収穫される旬の素材を活かして作るスイーツ「おついたち」が、毎月第一日曜日限定で販売される。


4月7日に発売されたのは、苺のタルト。
志摩市で栽培される高級品種「レッドパール苺」をふんだんに用いている。

次回5月5日に販売予定、伊勢茶のロールケーキ。
生産量全国3位のお茶どころ、三重ならではの新茶の季節らしいスイーツだ。


【今後の販売予定と素材・テーマ】

※仕入れ状況により素材や販売日が変更になる場合があります。

5月5日:   伊勢茶:四日市水沢では日光を遮ることで甘みと旨みが増す「かぶせ茶」が有名。
6月2日:   トマト:糖度が高く、皮が薄く歯ざわりの良い鳥羽産トマトを使用。
7月7日:    南張メロン:志摩市浜島町南張で生産される温室メロン。瑞々しい甘みが特長。
8月4日:    いちじく:この季節に三重県で収穫される旬のいちじく。
9月1日:    ぶどう:三重県の名張でよく栽培され、この季節はぶどう狩りも楽しめる。
10月6日:  栗:9月頃から収穫される中勢地区の栗を使用。
11月3日:   蓮台寺柿:伊勢市の天然記念物で300年ほど前から栽培されている希少種。
12月1日:  ブランデーケーキ:志摩観光ホテル伝統のブランデーケーキをアレンジ。
1月5日:    日本酒:米どころとしても有名な伊賀では、紀伊山麓からの伏流水で日本酒も作られる。
2月9日:    マイヤーレモン:紀宝町、御浜町で栽培される。皮ごと食べられ、酸味もまろやか。
3月1日:     内瀬みかん:南伊勢町、内瀬地区で収穫される。甘みが強く、形も美しい。

■販売店舗 ザ クラシック 1階 ショップ
■販売期間 2019年4月~20年3月 毎月第1日曜日販売
■受取時間 11:00~18:00(お持ち帰り限定商品)
■販売料金 3,500円(税込)
■販売個数 商品によって変動
■購入方法 予約販売(前日14:00まで)
■商品概要 内容は販売1ヶ月前に告知されます。

【予約・問い合わせ先】
志摩観光ホテル 0599-43-1211 [受付時間 9:00~20:00 ](ホテル代表)