【NEWS】2019年度M.O.F.受章決定 ルノー・オージエシェフによる”新緑のパリ”をイメージしたメニューが登場

パリ・セーヌ河畔からノートルダム大聖堂を望むトゥールダルジャン。 東京で、パリの歴史を感じるひとときを。

1582年パリで創業して以来、王侯貴族をはじめとする世界中のV.I.P.が集う”美食の館”、トゥールダルジャン。この老舗メゾンが長年大切に守ってきた伝統の料理を味わえるフランス国外唯一の場所が、ホテルニューオータニ 東京「トゥールダルジャン 東京」だ。


開業35周年の記念年となる2019年5月、エグゼクティブ・シェフを務めるルノー・オージエ氏がフランスのM.O.F.(Meilleur Ouvrier de France : フランス国家最優秀職人章)を受章することが明らかになった。今回選ばれた7名のうち最年少での受章となり、しかも日本在住のシェフの選出は37年ぶりだという。


4月後半から5月にかけては、”新緑のパリ”をイメージしたメニューが登場。

シグネチャーディッシュである幼鴨料理をはじめ、旬の舌平目やアオリイカを用いた初夏らしいコースを堪能できる。ゴールデンウィーク中は期間限定でランチもオープンする。


幼鴨のロースト 赤ワイン風味のベアルネーズとゴーフレットポテト
鴨のローストに、赤ワインでアクセントをつけたベアルネーズソースを添えて。

アオリイカとオシェトラキャヴィア ういきょうとクリュスタッセのバヴァロア
旬のアオリイカは、キャヴィアにウイキョウを合わせてさっぱりとした仕上がりに。

舌平目のヴィエノワーズ グリーンピースのムースとコキヤージュソース
舌平目に魚介の旨みを凝縮したクリーミーなソースを添えて。

パリの歴史とともに時を刻んできたトゥールダルジャン。
瀟洒な空間で、新緑のパリに想いを馳せて。


■「BRISE de PARIS 新緑のパリ」■
期間:  ランチ  4月27日(土)~5月5日(日)    
          ディナー 4月24日(水)~5月28日(火)
時間:  ランチ  12:00-13:00(L.I.) ディナー 17:30-20:30(L.I.)
料金:  ランチ   9,000円 / 15,000円 / 22,000円     
             ディナー 18,000円 / 25,000円 / 32,000円 ※ドリンク代、税サ別 


【予約・問合せ先】トゥールダルジャン 東京 ☎03-3239-3111